海の向こうに憧れて故郷を飛び出した「わたし」は、
未だ見ぬ景色を、憧れていた景色を求めて世界を巡り歩いていました。

誰もいない街道、雨がやまない小道、夜が明けない町など、
いくつもの町や街道を通り抜け、「わたし」は何を思うのか。

これは架空のファンタジー世界を旅する「わたし」の、いくつかの旅の物語です。

収録内容


一話一話が短めの小話集となっております。

旅先より
旧街道を越えて
宝石の町
砂と露店の町
黄金の砂丘
オアシスの月
峠の茶屋
星詠みの巫女
彼岸のほとり
プリュイ・シュマンにて
退廃の高山都市
花は咲く、太陽は昇る
メルトキアの古城
夕べには海へ


仕様


「夕べには海へ」
 形態:A6判 / 56P / 300円
 発行:トナカイの森 / 葛野鹿乃子
 発行日:2018年5月20日(関西コミティア52)


試読


 試読:作品内の一部が試し読みできます。
  星詠みの巫女 【Sample