この物語は、和の花とその花言葉をモチーフに、
登場人物ひとりひとりにスポットを当てた短編集形式の物語です。

主人公である水央(みお)と常盤(ときわ)それぞれが、
色々な人の家族の在り方や、
親しい人の死を見つめながら、生きていく人と出会っていきます。

これは、生と死に憂いを抱く人たちのお話。
そして、果てしなく流れていく川のように、親から子へ、命が繋がっていく物語です。



収録内容

作品の収録タイトルと、その簡易あらすじを載せています。
本文の試し読みや、世界観・登場人物の紹介も行っておりますので、よろしければご覧ください。


*本編*
序 この水の行方
 逢瀬(おうせ)は夫との初めての子を身篭った。だが、その子を産むのは難しく、身体が保たないかもしれないと医師から言われてしまう。

一、立葵 梅雨が明ける
 梅雨の時期、鎮守の白桜を守る武家の子・水央は、友人である豊穣神・常盤の屋敷に泊まることになる。雨が嫌いだという水央には、心の底で思い悩むことがあった。

二、花菖蒲 巌穿つ雨
 水央の父、時雨(しぐれ)は雨の日の散歩を好んでよく行っていた。彼はあるとき、雨に打たれて震えている女を見かけて傘を差しかける。息子を密かに見守る父の物語。

三、蓮 いつかかえるところ
 ある夏の日、常盤は三人の娘と白鹿を連れて、山の頂にある妻の墓参りに出かける。休憩中、常盤は娘の面差しから妻の雫姫(しずくひめ)と出会ったときのことを思い返す。

四、朝顔 いざなう潮
 漁師の浮舟(うきふね)とその娘凪(なぎ)は助け合って暮らしていた。浮舟は数年前夫を海で亡くして以来、夜の海鳴りの音に心を悩まされるようになっていた。

五、撫子 憂世の底で歌う
 五十鈴(いすず)は両親から楽才を受け継いだ、都でも大人気の歌姫。だが五十鈴は、心の内で親のいない寂しさを抱えていた。あるとき、声が突然出ないようになってしまい……。

六、曼殊沙華 秋が輝く國
 白い身体に朱斑が入っていたことで、仲間に認められずにいた白鯉の小波(さざなみ)。彼は五十年前の鬼神戦争で武勲を上げて以来、花守を務めるようになるのだが……。

七、梅 歌い継ぐもの
 五十鈴の父にして花咲きの楽人である音羽雀(おとわすずめ)。亡き妻の跡を継ぎ、花を咲かせるための旅に出た音羽雀だが、音楽で花を咲かせることができずにいた。

八、桜 花の下にて
 これは一話目よりも前のお話。花守の武家の子・水央は一人で夜の花守を務めていた。暇を持て余していた彼は、白桜の前で端麗な顔立ちの神と出会う。

九、椿 花が逝くよ
 常盤の元へ嫁いでしばらく。初めて常盤との子を産んだ雫姫だが、生まれた子は身体が弱かった。娘の身を案じる雫姫は薬草を摘むため常盤に内緒で霊山の頂を目指すのだが……。

十、牡丹 実りを生む手
 五十年前、鬼神たちは古清水の資源を奪うばかりの都に攻め込もうとしたが、四聖天に阻まれ敗れ去ってしまう。死にかけた鬼神の八瀬(やせ)は、山中でその命を終えようとしていた。

十一、勿忘草 いつか貴方が死んでも
 五月の花祭りの日。常盤の次女花葉(はなば)は水央から勿忘草の花が贈られてきているのを見つける。花葉は過去の悲しい出来事を重ねて不安になり、水央に会いに都へ赴く。

終 果てない流れ
 あの梅雨の日からもうすぐ一年。水央は常盤に会いに行き、ある相談を持ちかける。

*番外編*
金木犀 途の枝折

 四聖天のひとり、竜海(たつみ)は友人である常盤の元へ遊びにやってくる。竜海は心に憂鬱を抱える常盤のことをひどく心配していた。

水仙 雪渡り
 四聖天のひとり、真白(ましろ)は五十年前の惨劇のことを思い出す。一歩も引かない鬼神たちを止めるには、鬼神を滅ぼさなければならない。争いごとを嫌う四聖天の湊(みなと)と、死に対して何も感じない真白の、ある冬の物語。



仕様

「水のゆくえ」
 形態:A5判・二段組み / 148P / 600円
 発行:トナカイの森 / 葛野鹿乃子
 装画:ミツカドイチイ
 発行日:2017年9月18日(第五回文学フリマ大阪)


試読

試読:作品内の一部が試し読みできます。
 立葵 梅雨が明ける 【Sample
 桜 花の下にて 【Sample


SS:Web限定で短編を掲載しております。現在水のゆくえ広報企画と連動し、SSを定期連載中です。

水辺の憂鬱
 水央が常盤に森を案内してもらうお話。予告として無配したSSに加筆し、水央と花葉の出会いも収録。
我が藤の花
 常盤のしもべである白鹿の榊(さかき)のお話。彼が内に秘める主人への想い。
白桜の守り手
 鎮守の白桜の武家、水央とその一族の武士たちとの日常。
逢瀬と時雨
 雨の日、時雨と出会った逢瀬のその後のお話。
神へ捧ぐ歌
 神前奉納を終えた五十鈴、常盤に、水央が神楽についての蘊蓄を聞く。
森の息吹
 森を旅する八瀬と嵯峨は途中で、険しい流れの川の前に差しかかる。
花葉と水央
 刀の鍛錬をしていた花葉と水央は、屋敷の裏の川で休息することになる。
常盤と雫姫
 屋敷に来てしばらく。雫姫が、突然家事の手伝いをしたいと言い出す。
年の瀬と年明け
 年の瀬に宮中に行く水央と、新年の準備を始める常盤たち四聖天のお話。


世界観・用語解説

独特な文化を営む、古清水の地の簡単な解説を行っています。

古清水(こしみず)
 豊富な水源によって、豊かな自然と深い実りを持つ土地。海や川に囲われており、人々は都の内に暮らしている。

塞ノ神(さいのかみ)
 白い花のこと。土地を清め、有事の際には辺り一帯の生命を守る土地神である。四聖天白蓮のしもべでもある。

鎮守の白桜
 都の鎮守とされている、古くて巨大な枝垂れ白桜。花守の武家である、水央が守っている塞ノ神。


 人々が暮らしている大きな町。海や川に囲われ、町中に水路が張り巡らされた水の都。丘の上には鎮守の白桜が立ち、あちこちに塞ノ神が咲く。東西南北と中央の地区によって分かれている。

白花神社
 都の東町にあり、四聖天や塞ノ神を祀る。神への信仰の象徴ともいえる神聖な場所。

四聖天(しせいてん)
 古清水の地を守る四柱の神。それぞれ四方と季節を司り、古清水に豊穣をもたらすとされている。白蓮、龍王、宝貝、白鷺の四柱。神の力は血に宿るため、長寿の四聖天も、いずれは己が子へと役目を受け継いでいく。

白蓮(はくれん)
 東方守護の四聖天で古清水の主神。白い蓮の化身で、すべての塞ノ神を統べ、生き物の生誕と春を司ることから、この世で唯一治癒の奇跡を起こすことができる。生誕の神であるため、武神でありながらも生き物を殺すことができない。白蓮である常盤は治癒術を扱えるほか、医術と薬学を修めて術に応用している。

霊獣
 白い身体を持つ生き物の総称。知性と理性を持ち、人に化身することもできる。ほとんどが四聖天に仕えている。

鬼神
 頭から白い角を生やす霊獣の一族。屈強な身体と剛力を持ち、鉄器の扱いに長ける。五十年前都への侵攻を企て、四聖天によって滅ぼされた。

花咲きの楽人
 力が弱まって花が咲かない塞ノ神を咲かせる楽人一族のこと。五十鈴はその末裔で、神を音楽で慰めるため、神前での音楽奉納を定期的に行っている。

花植えの一族
 神より賜りし塞ノ神の種を持ち、あまり塞ノ神がいない土地に植えて花を咲かせる一族のこと。

泉界(せんかい)
 古清水に伝わる、死者の魂が行くといわれている場所。死者の魂は泉界の中で、新たな命として転生するときを待つ。生者が泉界へ行くことも、死者が泉界から出ることも固い禁忌とされている。


登場人物紹介

主要登場人物の簡易紹介を行っています。

水央(みお)
 鎮守の白桜の守り手である武家の当主。明るく人懐こい少年だが、母の死の原因である自分自身に負い目を持ち、生まれてきた意味を求めて思い悩んでいる。十八歳。

常盤(ときわ)
 東方守護の四聖天で、春と生誕を司る神・白蓮。中性的な容貌の美男子で、神として古清水を守ることにひたむき。妻を亡くしている悲しみを他者に見せようとしない。外見二十二歳。

時雨(しぐれ)
 水央の父にして、先代武家当主。母の死を気に病む水央を見守っていたが、和解することなくこの世を去る。五十九歳。

雫姫(しずくひめ)
 いつかの帝の娘で、常盤の妻。父親に捨てられた後、常盤に命を救われ嫁ぐ。優しい心根を持つ、絶世の美女。十六歳。

五十鈴(いすず)
 都で人気絶頂の歌姫で、水央と常盤の友人。神に音楽を奉じる使命を持ち、類稀なる才能で使命をこなす。十四歳。



 ◆人物や世界観の詳細紹介ページを作成しております。【こちら】からどうぞ。
  (※現在ツイッターの「水のゆくえ広報部」と連動して、随時文章とイラストを随時更新中です)