宵闇の中に
カンテラの幽かな明かりがぽつんと灯るとき
誰かがおちた
死にまつわる幻想が描かれるでしょう

すこしふしぎで、どこか奇妙なお話ばかりが詰まった短編集です。


収録内容


海に溺れる
 青い海の真ん中を、沈み続けている少年がいました。

夏祭り
 夏祭りの夜、母親とはぐれた少女が一緒に遊んだのは、狐面をつけたふしぎな少年でした。

マリンブルーの瓶詰
 どこからか日ごとに届く謎のボトルメッセージを拾い続ける男。
 続き物のその手紙は、ある女が恋人へ向けて書いたもののようですが……。

夜行列車
 旅人は、同じ夜行列車に乗り合わせた猫の紳士と話すうち、自分がどこから乗ったのか忘れていることに気付いてしまいます。

紳士と花屋さん
 毎日公園で屋台を出す花屋さんには、喋るお花の友達がいました。
 売れないことを気にするお花。そこに、寂しそうなキリンの紳士がやってきます。

人の心を食った魔物の話
 あるところに、毎日花畑で過ごす真っ黒で恐ろしい容貌の魔物がいました。
 そこに愛らしい女の子がやってきて、魔物は女の子と友達になるのですが……。

とある門番の話
 生涯を門番として過ごす、ある男のお話です。

幽か
 あるところに、カンテラをずっと作り続ける職人がいました。
 職人には、あるときから幼馴染の幽霊が見えていたらしく……。




「カンテラを灯す夜」
 形態:文庫判 / 80P / 200円
 発行:トナカイの森 / 葛野鹿乃子
 装画:ミツカドイチイ
 発行日:初版 2016年9月18日(第四回文学フリマ大阪)
     第二版 2016年11月6日(そうさく畑FINAL)
     第三版 2018年1月21日(第二回文学フリマ京都)

 ※第三版では、誤字脱字の修正ほか、表紙と章扉のイラストを担当のミツカドに手直ししてもらっています。


試読


 試読:作品内の一部が試し読みできます。
  海に溺れる 【Sample