梅にトナカイ Offline


新刊案内

2017年秋の新刊です。


04:「水のゆくえ」
葛野著 / 長編小説 / A5判 / 148p / ¥600 / 2017年9月発行
和の花をテーマにした長編小説(短編集形式)です。とある土地を舞台にした、塞ノ神の守り手の少年と神さまが出会ういくつかの生と死の物語です。
〔 ハイファンタジー / 和の花 / 家族 / シリアス・かなしい・暗い 〕


既刊案内



03:「氷の花」 ※少部数
葛野著 / 掌編集 / B6判正方形型 / 36p / ¥200 / 2017年1月発行
雪と冬をテーマにした、おとぎ話のような掌編集です。雪に潜む魔物と人が出会う、四つのちょっぴり怖い物語です。
〔 ファンタジー / おとぎ話 / 雪・冬 〕



02:「カンテラを灯す夜」 ※再販検討中
葛野著 / 短編集 / A6判 / 80p / ¥200 / 2016年9月発行
死の幻想をテーマに、すこしふしぎなお話を詰めた短編集です。夏祭りの夜に出会うふしぎな少年、心のない魔物が出会うおとぎ話など、八篇を収録。
〔 すこしふしぎ / 死の幻想 / かわいい、こわい 〕



01:「旅の宿トマリギ亭奇譚」 ※再販検討中
葛野著 / 短編集 / B6判 / 92p / ¥300 / 2016年5月発行
小さな旅の宿に訪れた旅人たちが語る、彼らが出会った魔法にまつわるお話です。人と魔法使いの世界が繋がる、ほんのりやさしいハイファンタジーの短編集です。
〔 ハイファンタジー / ほのぼの・シリアス 〕


WebNovels

Web上で公開している小説です。短編が多めです。



「ひととせ」  2017年5月公開
〔 短編 / 現代 / 日常ほのぼの系 / せつない 〕
ひとつの身体にふたつの魂を持つ女子高校生の日常の物語。
おっとりした深春と、少し粗野な深雪。二人の日常はいつも通りで、ちょっとだけせつない。



「無題のメルヒェン」  2016年9月公開
〔 短編 / ファンタジー / 青年と少女の絆 〕
その森で死んだ者は、生まれ変わることができる。そんな噂のある森に、魔女を名乗る少女が一人。森を訪れた青年と少女が出会い、触れ合い、別れるだけのおとぎ話です。


About

こちらでは梅にトナカイが刊行した作品の紹介を行っています。
書影クリックで作品の詳細がご覧になれます。

◆Comic
ミツカドが主体となる作品群。神話創作や歴史創作の、四コマ漫画や短編漫画が主です。雰囲気はギャグ・ほのぼの系。

◆Novel
葛野が主体となる作品群。短編集・掌編集多めで、たまに長編・中編小説等も書きます。雰囲気はほのぼの・せつない・こわい・ふしぎ系など。

◆IllustrationBook
ミツカド個人か、もしくは葛野との合同で作られる、イラスト主体の作品群。

Infomation

◆「カンテラを灯す夜」「旅の宿トマリギ亭奇譚」は現在在庫切れです。再販については検討中です。

◆「氷の花」は残部少数となりました。次回イベントに持っていくかは検討中です。

◆冬・春のイベントに向けて製作中です。


Template by Starlit